ホテルアストンプラザ関西空港

スタッフブログ

歴史さんぽシリーズ

100年前の大阪府下の市町村

歴史さんぽシリーズ|2018.05.10 UP

00021974_72A

今から100年前はどんな時代だったのか? ふと、そんなことを考えたりすることはないでしょうか。   ちなみに、今からちょうど100年前の1918年(大正7年)は、第一次世界大戦(欧州大戦)が終結した年だそうです。   さて、一気にローカルな話題になりますが、2018年(平成30年)現在、大阪府下の市町村の数は33市9町1村で、33市のうち2市が政令指定都市、5市が中...

続きを読む

休日の数の変遷とゴールデンウィーク

歴史さんぽシリーズ|2018.04.30 UP

img_access_01

祝日を利用して「長期休暇」を取るのは日本人ぐらいだそうですが、ゴールデンウィークの真っ只中、皆様いかがお過ごしでしょうか?  さて、現在の祝日にも一部継承されている『年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム』が定められたのは、旧暦から新暦へ改暦された年でもある明治6年。当初の休日の数は年8日でしたが、明治11年に年10日に増えました。 大正元年に『休日ニ関スル件』が定められましたが、休日の数は同じ年10日。し...

続きを読む

和泉国の総社と一宮~五宮

歴史さんぽシリーズ|2018.04.08 UP

img_access_01

関西空港や当ホテルが位置する大阪府南西部は、令制国でいうと和泉国(いずみのくに)になります。 その昔、現代の都道府県知事にあたる国司(こくし)が着任して最初にすることは、国内にある社格の高い神社に参拝することでした。 しかし、平安時代になると、役所がある国府(こくふ)の近くに総社(そうじゃ)と呼ばれる神社を創建し、総社に参拝すれば国内全ての神社に参拝したことになる、といった具合に国司の参拝は簡略...

続きを読む

ちょっとミリタリーな駅

歴史さんぽシリーズ|2018.04.04 UP

img_access_01

ホテルアストンプラザ関西空港の最寄駅は、南海本線の羽倉崎駅(はぐらざきえき)になります。 羽倉崎駅が開業したのは1942年(昭和17年)。以前にご紹介した佐野陸軍飛行場のために設置された駅です。 駅からホテルへ向かう途中、黄色と緑色にペイントされた歩道を歩きますが、この歩道は飛行場の外周にめぐらされた排水溝を利用しているようです。 「はぐらざき」は筥浦崎(はこうらざき)の転訛と言われており、江戸...

続きを読む

紀州街道(熊野街道)をサイクリング

歴史さんぽシリーズ|2018.04.01 UP

00025670_72A

ホテルアストンプラザ関西空港では、無料レンタルサイクルをご用意しております。 前々回は鶴原から海沿いに進路を取る孝子越街道をご紹介しましたが、鶴原で山手方向へ進路を転じた紀州街道は、下瓦屋で熊野街道に合流します。ここから和歌山市の山口宿の手前まで、紀州街道と熊野街道は重複しています。 さて、ホテルを左へ出て岡本交差点を左へ行くと、紀州街道(熊野街道)に突き当たります(安松南交差点)。安松南交差点...

続きを読む

孝子越街道をサイクリング

歴史さんぽシリーズ|2018.03.10 UP

img_access_01

ホテルアストンプラザ関西空港では、無料レンタルサイクルをご用意しております。 夕食や夜食等の買い出しで数十分のご利用がほとんどですが、ご利用時間につきましては特に制限は設けておりません。1時間、2時間のご利用も可能です。  さて、ホテルが面する国道26号線を浜手方向へ渡り、南海電車の踏切と堺阪南線(旧国道26号線)を渡ると、孝子越街道(きょうしごえかいどう)に突き当たります。 大阪高麗橋から堺、...

続きを読む

当ホームページからの予約が最もお得です当ホームページからの予約が最もお得です