ホテルアストンプラザ関西空港

スタッフブログ

和歌山の“元祖”練羊羹(ねりようかん)

スタッフブログ|2017.08.12 UP


現在、羊羹(ようかん)と言えば練羊羹(ねりようかん)が一般的ですが、この練羊羹が誕生したのは1589年(天正17年)。

 

それまでの羊羹と言えば「蒸す」製法だったのですが、現在の総本家駿河屋さんによって「炊き上げる」製法が生み出され、さらに後年、寒天が用いられるようになり、1658年(万治元年)には完成品が市販されたそうです。

 

この総本家駿河屋さんは、紀州徳川家のお膝元、和歌山城下に本店を構える老舗和菓子店です。

 

thumb

※画像は総本家駿河屋さんの練羊羹。

 

総本家駿河屋さんは、もともと山城国伏見にお店を構えておられたのですが、のちに紀州徳川家の祖となる徳川頼宣とともに駿河国駿府、そして、紀伊国和歌山へ移転された経緯をお持ちで、創業550年を超える老舗中の老舗です。

 

練羊羹のほかにも、参勤交代の携行食としても食べられたという「本ノ字饅頭」など、歴史のある和菓子がいっぱいです。

 

1

※画像は総本家駿河屋さんの本ノ字饅頭。

 

ホテルアストンプラザ関西空港のすぐ近くには紀州街道(ホテル付近では熊野街道と重複)が通っていますが、まさに、紀州街道は紀州藩の参勤交代路です。

 

現在は電車という便利な乗り物があります。それも南海とJRの2本も。

さらに、南海/JRりんくうタウン駅 - ホテル間に無料シャトルバスを運行しております。和歌山観光にも、ぜひ、ご活用下さいませ。


当ホームページからの予約が最もお得です当ホームページからの予約が最もお得です