ホテルアストンプラザ関西空港

スタッフブログ

大阪ミナミ 道の覚え方

スタッフブログ|2019.07.10 UP


ホテルアストンプラザ関西空港は、関西観光の拠点として、おかげ様でたくさんの方にご利用頂いております。

 

本日は、大阪ミナミの繁華街について、覚えておくと便利なことを少々。

やっぱり大阪といったら道頓堀ですよね~

 

大阪ミナミの繁華街は、道頓堀通と心斎橋筋が交わる戎橋南詰を中心に広がる繁華街です。

 

飲食店街の中心となるのは道頓堀川の北側、島之内と呼ばれる地域の中部で、現在の町名では東心斎橋・心斎橋筋・宗右衛門町にあたります。

 

島之内の道路は碁盤目状。京都の「丸竹夷」や「寺御幸」のように、七五調の手毬唄はないかと調べてみたところ、ありました!島之内中部バージョン!

 

「鰻谷なら上と中(うなぎだになら うえとなか) 大宝清水に周防町(だいほうしみずに すおうまち) 八幡三津寺宗右衛門町(はちまんみってら そえもんちょう)」

 

これは、東西方向の道路を北から呼んだもので、鰻谷上之町通、鰻谷中之町通、大宝寺通、清水町筋、周防町筋、八幡筋、三津寺筋、宗右衛門町通となります。ただし、現在では鰻谷北通、鰻谷南通の呼び方が主流のようです。

 

「堺千年玉屋に笠屋(さかいせんねん たまやにかさや) 畳屋心斎御堂筋(たたみやしんさい みどうすじ)」

 

これは、南北方向の道路を東から呼んだもので、堺筋、千年町筋、玉屋町筋、笠屋町筋、畳屋町筋、心斎橋筋、御堂筋となります。堺筋と御堂筋は地下鉄が走る大通り、心斎橋筋はアーケード商店街です。

 

道に迷う心配を払拭して、心置きなく大阪ミナミの繁華街をお楽しみください!


当ホームページからの予約が最もお得です当ホームページからの予約が最もお得です