ホテルアストンプラザ関西空港

スタッフブログ

堺市街と大小路

スタッフブログ|2018.08.08 UP


街の周囲を堀で囲まれていた環濠都市・堺。

その堺市街を南北に二分する道路を大小路(おおしょうじ)と言います。

 

02173c_01

文久改正堺大絵図(※ 画像は堺市公式サイトより)

 

大坂夏の陣後の復興の際に、堺市街の東西幹線として5間幅で敷設された道路が大小路で、他の東西方向の道路は3間幅でした。

また、大小路は「堺」の語源である「国境」の道路でもあり、大小路の北が摂津国、南が和泉国となっていました。

なお、摂泉国境は明治4年に大和川に変更されています。

 

江戸時代の堺の町組は大小路を境に北組と南組に分かれており、現在も大小路の北が菅原神社(天神さん)、南が開口神社(大寺さん)と氏神さまが分かれています。

 

ちなみに、堺市街を散策される場合も大小路を境に南北に分けると回りやすいですよ!

小腹が空いたら、両神社ゆかりの堺銘菓、天神餅と大寺餅でエネルギー補給してくださいね。

 

w09_p1

天神餅さんの「天神餅」(※ 画像は堺観光ガイド公式サイトより)

 

w06_p1

大寺餅河合堂さんの「大寺餅」(※ 画像は堺観光ガイド公式サイトより)

 

他にも、大小路の北には肉桂(にっき)餅、南には芥子(けし)餅、くるみ餅で有名な老舗和菓子店がありますよ。

 

大小路西端の吾妻橋に南海本線の堺駅、東端だった大小路橋から延伸された現在の東端に南海高野線の堺東駅が位置していることからもわかるように、大小路は明治以降も堺市街の東西幹線でした。

 

しかし、第二次大戦後の復興の際に、大小路から3筋南の宿院通りが50メートル道路に拡幅され、これを機に大小路は東西幹線の役割を終えることになりました。

現在、拡幅された宿院通りは一般的にフェニックス通りと呼ばれ、堺市街の新しい東西幹線となっています。


当ホームページからの予約が最もお得です当ホームページからの予約が最もお得です